小学生の学習教材について

小学生の学習教材について

学習教材とは何か?

様々な物事を学習する時に、その物事について自分で考えたりする際に活用する物を「学習教材」と言います。 教育の場では、物事を教える時にその物事を説明したりする時に活用する物の事を指し、また、それが学習教材としても用いられていたりします。
 
  • 子供の学習について
学校の宿題の他に自分で学習に取り組む行いを家庭学習と言います。学校や家庭では、小学校高学年生になると一日家庭学習の時間を「60分」を目安にしているケースが多いです。先取りして勉強の予習をする学習効果が、近年話題として挙がっていますが、中々学習の成果を実感する事が出来ず、子供の学習意欲を上手に引き出していく事が必要です。家庭学習の習慣化は意外に難しいので、いかにどれだけ楽しく勉強に取り組む事が出来るかが重要です。
 
  • 現代のタブレット教材の導入について
現代の日本はメディア化が大変進み、タブレットが世の中に非常に多く普及した事により、タブレットを持っているご家庭も多く、今の子供達には日常生活の中でも身近な存在になっていますよね。インターネットが普及した事で、スマートフォンでオンラインショッピングを楽しんだり映画を見たりする事が当たり前に出来る時代に変化しました。そんな時代の流れに影響を受けて、教育の学習に関してもタブレットを導入した動きも出てきていますね。
現在、子供達の教育にもインターネットやパソコン学習が取り入れられる様になり、平成32年の教育指導要領の改定で小学校でのタブレット端末を活用した学習が本格的に始まっていきます。今既に幾つかの学校ではタブレットを取り入れている所もあったり、大手通信教育会社でも流れを受けてタブレット教材を取り扱う様になりました。
では、タブレット教育のメリットやデメリットはどういった所にあるのでしょうか。メリットとデメリットについてまとめたので、今後の学習教材の参考にしてみて下さいね。
  • タブレット教材とは何か?
・学習する内容について、説明を画面を目で見て、耳で聞く
・学習内容をちゃんと覚えたかどうかを確認する
・練習問題がある
・応用問題がある
・学習してしばらく時間が経ってしまっても、再び覚えているかどうか確認する
・学習内容の復習をする
タブレット端末を活用しながら 、これらの事を色々学んでいきます。

小学生の家庭学習教材